雀筋の雀力トレーニング

麻雀テクニックやプロ麻雀、Mリーグの観戦記

10月5日二回戦 Mリーグ観戦記

こんばんわ

今日のMリーグの試合の気になった点を冷めないうちに観戦記として残します

 

時間の関係で二回戦からしか観戦できなかったので二回戦だけで

 

今回のメンバーは

f:id:nopainnogain116:20181005220949j:plain

 

なかなか見ごたえのありそうな4名ですね(Mリーグなんだから当然か。。)

個人的には朝倉康心選手に頑張ってほしい

 

 

東場は特に面白いシーンはなかったですかね

 

 

 

あ、

 

 

 

1600-3200w

 

高宮選手が対々和三暗刻ツモって誤申告

 

緊張してるんですね

でも、気持ちはわかるんだよなあーーーーあれ

 

対々和やるときなんて基本的に点パネのことしか考えてないから三暗刻忘れがち

 

あるある(´ー`*)ウンウン と思いながら見てました

 

 

あとはたろう選手に手が入り続けていただけ

プロの人にあの配牌渡しちゃうとアガリ逃しなんてほとんどないから一方的なゲームになっちゃうね

 

 

 

 

 

ということで、南場

南場は結構見どころ多かったと思う

 

まず、瀬戸熊選手のドラ3!

あれはプロとしてどうなんだろうとおもうな

 

南2?ドラは4

分岐点1

一二二1114445⑥⑦⑦⑧

 

ここから何を切るか

瀬戸熊選手の選択は5

しかーし、⑤がカンされているのだ

 

それを考えたら⑦なのでは??

勿論、裏目る可能性は大いにあるが最終目標はテンパイじゃなく上がりきること

そこを考えたら萬子のしたで1面子作り、索子もしくはピンズで雀頭を作らなければ

 

 

その後

分岐点2

 

一二二六111444⑥⑦⑦⑧

 

ここから一切り。。。ありえない

なにがあり得ないって七はフリテンなんよ?

フリテン作るくらいなら筋にして三を釣りだそうって考えはないんか

 

そして次順、三を持ってきて裏目。。。ボロボロやないかい(まあ結果論だけど)

 

ちょっと残念なうち回しでした

 

 

 

 

はい、次

 

ラス前

 

朝倉選手の押すか押さないか論。まあ、結局あがるんですけど

 

僕の結論は朝倉選手と同じです

 

あそこは押さない

 

なぜなら、あの局面で3900を上がってもそこまで利益は大きくないからである

さらにあそこで8000放銃しようものならオーラスに瀬戸熊選手が参戦しやすくなり親番を窮屈にやることになる

 

だから、おりて正解なんだと思う

 

 

 

 

はい、早くもオーラスになりました

 

朝倉選手さすがでしたねー

七をたろう選手の本線候補の一つとよみ、六を切って七を絶対に切らない形に固定しましたね

 

そして、二と七のしゃんぽんリーチ!!!

高宮選手からでて12000

 

 

 

 

 

オーラス一本場

 

たろう選手の③ー⑥リーチ

さすがでしたね

 

僕ならダマのピンフにとっちゃうかもしれません

でも、ドラが⑥なことを考えれば

⑤⑧はもうほとんど使われていると考えるのかな

 

 

んで3000-6000

 

つええええええええええ

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、おやすみなさい。