雀筋の雀力トレーニング

麻雀テクニックやプロ麻雀、Mリーグの観戦記

10/11Mリーグ観戦記

はいはい。きました雀筋です

今宵もMリーグ観戦記いきますかあ

第1戦はこちらの方々

f:id:nopainnogain116:20181011202759j:plain




今回の注目は近藤選手ですかねぇ

アガりの回数はとても多かったですけど、よくない打牌も多かったと思いました。まあ結局トップだったんですけどね
必ずしも点数と内容は一致しませんね


まずは東3局の近藤選手の親番 ドラ九

一二三六八八56④⑥⑦⑧中中

近藤選手の一向聴からの打牌

ここから六!!え…沸いてる( ゚д゚)ポッポー
解説もフォローしてたけど、ふつーは④

六切っていいこと何があるのか教えて頂きたい
筒子がよく見えたとしても萬子が悪くも見えないし、萬子引けなくても中鳴けるし

しかも、ドラ九だよ?
もう少し高くしたいって意味での打牌なら七びきからの九持ってくることも考えるよね?

ピンフ系目指してるなら中落とすべきだよね

んで、運良く③引くも八落として中雀頭ピンフでもないのかい

よくわからんわ。これの意図は




東4局 黒沢選手の親番

ここでも、また近藤選手に文句いっちゃいます

ダントツのトップ目から中々の中盤で2600点からのカン⑦リーチ!

ええ。いいのお?それ。そんな筒子よく見えないし。結果山0だよ?

そして、黒沢選手から12000からの追っかけ両面リーチ


ほれ、みたか。

と思ったね笑笑
でも、結局⑤⑤⑦と持ってた村上選手から出てきたけどね

これは運良かったと言わざるを得ないよ


たしかにフリテンが多くて形の変化も少なかったけど、リスクが大きいでしょ。このリーチは



南3局 近藤選手の親番 ドラ⑦

これはすごかった

村上選手


近藤選手の仕掛けが入り

グングン手が伸びてまさかのドラ3
2単騎

そこに村上選手の聴牌が入って
④-⑦待ち
点数の欲しい状況ですのでリーチすると思いきやストップ



次順2を持ってきて迂回

さすがすぎる




5アンコだったからってのもあったと思うけど、得点以上に失点が痛い局面というのをしっかり把握してオリ


偉すぎるなあこれ

おれリーチ打っちゃいそー


こわいわあ。ぷろって








はい。怖い話でした。