雀筋の雀力トレーニング

麻雀テクニックやプロ麻雀、Mリーグの観戦記

10月15日 Mリーグ観戦記

 

はいはい雀筋です

 

今週一発目の観戦記!見ごたえ十分の試合でした

メンバーはこちら

 

f:id:nopainnogain116:20181015205751j:plain

 

 

 

今回の主役は何といっても前原選手!

約25000点の放銃の

約70000点和了

 

さすがの攻め麻雀(笑)

 

 

 

 

では、

 

東1局 親:村上選手

大きな分かれ目になった曲でもあったのではないでしょうか

 

村上選手の地獄単騎チートイ!

リーチして出アガリ18000点の西単騎

批判も出てきそうですが、私的には以下の理由で全然okな選択

 

・同卓者のレベルが高いから単騎でいい待ちでも出ない可能性が高い

七対子の時点でいい待ちでも1,2枚の差

・いい待ちに変わる可能性もあるが時間がかかるし、100%いい待ちを持ってくるわけじゃない

・ドラドラ赤を持っているから子の打点はそこまで高くないとみて、親リーで足止め出来る

 

結果として上がれなかったが、全員を降りさせて山との闘いでした

こうなれば上がれる可能性50%くらいあるんじゃないかな。18000で50%あれば十分でしょう

 

 

 

東2局 親:前原選手

 

前原選手のホンイツ七対子炸裂!

小林選手の放銃でしたが、これは仕方ないですね。巡目も早かったですし

 

そして一本場

前原選手のフリテン三-六リーチ!6000オール

これまた前原選手らしいアガリでしたね

 

このフリテンリーチすべきかどうか!これは私もしていると思います。

三-六はまだ山にいそうですし、同卓者に小林選手がいると手を組みなおしている時間もない

打点も十分なので子を下す意味も込めてリーチの選択。上がれたらラッキーぐらいの気持ちで、でも上がれる可能性もある

 

 

二本場

 

村上選手の北ドラ3のアガリでしたね

發で回らずにしっかり押したのがよかったですね

とゆうか、たぶん村上選手は前原選手の待ちを④‐⑦のほぼ点読みしてたと思います。

また、發で当たっても東とのシャンポンの5800に見えますよね

 

 

東3局 親:松本

 

小林の三色リーチVS松本の1500

さすがロボキラーwwリーチした瞬間ツモでした。

 

 

一本場

 

今回唯一の納得いかない局でした

結果は小林選手のメンピンドラ裏3の12000を前原選手が放銃する形

 

いくら攻め麻雀の前原選手といってもこの放銃はいただけないですね

 

この時の前原選手は1000点のカン②テンパイ

カン②は一枚切れで現物ではなくいい待ちとは言えない

点数を持っている前原選手のこの局のテーマとしては「親落とし」だと思います。だからこの仕掛けをしたこと自体は問題ではないと思います

 

しかし、小林選手のリーチがきた時点で失点を最小限にし小林選手に上がってもらう局に変わるんです

勿論、安牌がない段階では押していいと思いますが、当たり牌を持ってきた巡目で前原選手の雀頭の4が通り、筋の7も合わせれば3枚の安牌があったことになります。こうなると降りきれる可能性はかなり高いものだったと思います。3900くらいあるならまだしも1000点では押す局面ではなかったのでは

 

放銃して親を落とそうという考えもあるかもしれませんがドラが1枚も見えていない状況ではかなりリスキーだと思います

 

 

東4局 親:小林選手

 

小林選手の1-4親リーが入り、その巡目に前原選手に現物の待ちの②‐⑤まちのタンピンドラドラが入りました

 

前原選手の選択はダマで押し

これは押す局面だと思います。現物待ちで打点も十分ですし、ダマなら安牌に困った脇から出てくる可能性も十分にある

 

結果は自分でツモって2000-4000

小林も上がりたいリーチでしたけど、これは残念

 

 

 

南場に入りますーーーー

 

南1局 親:村上

 

前原選手のドラ4リーチVS小林選手の仕掛け2000点

 

小林選手の押しもすごいですね

テンパイしたらもうほとんどおりません。このメンタルが強い

まあ、相手が愚形の多い前原選手だというのもあったでしょうが

 

小林選手的にはリー棒込みの3000点のテンパイということでしょう。

 

 

 

南2局 親:前原選手 ドラ:⑦

 

またしても前原選手の親リー⑥‐⑨

メンピンドラドラ

 

このリーチダマでいいのでは?みたいな声が守備的な人たちから聞こえてきそうですが

・自分でドラの⑦を2枚持っていることを考えれば相手の打点もマンガン程度

・⑨が場に0枚でよさそう

・早い巡目のこの時点でリーチを打っておけば下の点数の競っている3人が押してくる可能性はかなり低い

 

以上のような理由でリーチですね。これは

 

 

 

一本場 ドラ:六

 

ここでの議題は小林選手の仕掛け

中を鳴いて手配は

七③④④⑤4568

ここから小林選手は8切りでしたが、私としては七切り

この局は軽いアガリで流すのが小林選手のテーマ

ドラ引きを考えて七を残すより、カン7を鳴いて両面テンパイを組める8を残すほうがいいと思いました

 

前原選手はここでピンフ赤ドラ5-8のテンパイをダマ

さっきのはリーチで今度はダマなんかい!と言われそうですが、テンパイの時点で8sが二枚捨てられており、5sが一枚捨てられている

待ちとしては悪くないですがツモれるかと言われれば、可能性は低い。しかし、中を仕掛けて注目を集めている小林の現物であり、ダマなら脇からのアガリが期待できる

 

さすがの選択でした。なんでもリーチじゃないんですねー(笑)

 

 

 

 

南3局 親:松本選手

 

1500のアガリ

 

一本場 ドラ:1

 

小林の仕掛けに②を止めた松本選手さすがでした

③きりの小林選手の待ちをピンズの下と読み、④は勝負しかし、その後②を持ってきて降り

自分の手配がそこまでよくないのとここで3900を放銃するとかなり痛い、また親番を続行できてもトップはかなり難しいと考えて、現実的に2着を取りに行く打牌でした

 

 

南4局 親:小林

 

ここは無慈悲な前原選手のダマ満貫

 

前に行くしかない小林選手がつかんだのが最後でしたね

しかし、松本選手のロボキラーっぷり!松本選手が仕掛けた瞬間に小林選手に当たり牌が送り込まれた(笑)まあ、偶然ですけどね

 

 

 

今回の試合は前原選手のリーチかけるかかけないかという選択がかなり面白い試合だとおもいました

 

 

長くなりすぎたな

ではまた