雀筋の雀力トレーニング

麻雀テクニックやプロ麻雀、Mリーグの観戦記

麻雀ちょいテクその4『色に順位をつける』

 

 

うす!雀筋です

 

前回のちょいテクからだいぶ時間が空いてしまいました

 

毎回守備的な部分ばっかりだったので今回は攻めにも活かせる話です

しかし、多くの初心者は守備的な部分がおろそかなので中級者を目指すにはまず守備を固めるってのは大事なんですよね

 

 

 

ということで、今回は『色に順位をつける』 

 

色?って感じのあなた!

色ってのは牌の種類の話。萬子索子筒子のことですね

混一色清一色のことを染めるというように、この三つを色と呼ぶことがあります

 

 

さてさて、本題に入りましょう

 

麻雀は4メンツ1雀頭をつくるゲームです

字牌のことを一旦忘れて、3色の中から手をつくると考えると少なくとも1つの色には2メンツできることになりますよね

 

例えば

123①②③一二三四五六七七

これだと萬子に2メンツで他に1メンツづつ

 

さて、このような手牌を四人が目指しているとするとどうでしょう?

 

 

傾く

 

そう、どれかの色がたくさん使われてその他の色があまり使われていないみたいな状況が生まれることがあるんです

 

というかほぼ毎局のようにこのバランスの傾きはあります

たくさん使われているて河にあまりでてない色を高い色

あまり使われていなくて河にたくさん出ている色を安い色 なんて呼んだりします

 

 

 

「だから何だよ」

 

っと思ったひと。ここで読むのやめないでね。ここからが大事

 

この色の傾きを手づくりに利用しない手はないでしょう!

六巡目くらいで河に多く見えている色ってのは一見牌数が少ない色に見えるかもしれないけど、実際は手牌にその色の牌が孤立しているから捨てられているってことが多い

 

つまり、安い色は実は山にたくさん残っている色の可能性が高い!?

 

しーーーかーーもーーー

 

最終的にテンパイに漕ぎつけた時にアガリやすい待ちでもあるってわけ

なんでかって、他の人がいらない牌だからツモれなくても出てくる可能性高いってこと

 

 

そんなことをゆーても結局配牌に依存しちゃうじゃんって声が聞こえてきそう

まーその通りっちゃその通り、麻雀は配牌で決まる部分も多いですよね

 

でも、一牌ツモってこういう手牌のときとか

12356①②③⑤⑥五六西西

3つあるうちのどの両面を落とそうかなーって悩むことありません?

こういうときに高い色の両面を落としていくってのも一つの手段ですし

 

また、こういう手牌

1236①②③⑥六南南南西西

くっ付きテンパイのとき、どの牌をすてるか悩みますよね

これもさっきと一緒で安い色の牌をのこしておくのがいいことが多いです

 

さらに安い色の牌のほうがその牌で放銃するリスクも少ない?というか高い色の牌は危険なので早めに切っちゃいましょーって作戦ですかね

(逆に危険な牌だからこそその牌の周りを持ってきたときに対応できるように残すって作戦もありますけどね。。。これについては後々)

 

 

 

 

まあ、相手の手配をすべて読もうとしても難しいのでまずは相手がたくさん持っていそうな牌を考えることが大事だよって話でしたー

 

プロの麻雀観戦とかもこれを考えながら観ると一層楽しめるかも!?

 

 

この次のステップとして色の中でも上(56789)と下(12345)に分けて考える方法がありますので、また次回以降の記事で~