雀筋の雀力トレーニング

麻雀テクニックやプロ麻雀、Mリーグの観戦記

麻雀ちょいテクその8『両面にこだわらない』

 

 

はいはいきました筋肉痛が止まらない雀筋です

 

本日もちょいテクってことでいきまっしょい

 

 

今回のテーマはこちら

『両面にこだわらない』

 

どうですか?

こだわってません?

カンチャンは良くないみたいな思考になってません?シャンポンもリーチしてます?

とりあえず、両面変化まってる人いませんか

 

 

これは意外と中級者に多い傾向なんですけど、両面にこだわりすぎると麻雀負けます

 

初心者ってテンパイしたらとりあえず、リーチみたいなとこありますよね?

牌効率は悪いにしろ毎回リーチかけるから、たまたま2,3回連続で手が入ると突き抜けちゃっうんですよね~

これをビギナーズラックなんて呼んだりしますけど、これって僕はリスクに対する相応な対価だと思うんですよね

放銃する可能性もリーチ棒も賭けて打点を上げることに注力していることになりますからね

 

だから、麻雀は初心者よりも初心者からしばらくたってからのほうが弱かったりするんですよね~

プロの試合見てても意外とテンパイ即リーチ多いですよね

 

 

 

だからといって、

テンパったら毎回リーチかけろ

 

なんて言いません。

 

私が言いたいのはその両面変化にどれだけの価値があるのか毎回考えてるのかってことです

例えば、ドラ⑨

13①②③⑦⑧⑨二二二九九

13のカン2sでテンパイしたとしましょう

まあ、これはリーチ打ってもいいし打たない人は打たないかなって手牌なんですけど(私は結構打っちゃいます)

 

でも、ここで5sが3枚が切れてたらどうでしょう

この待ちでリーチ打たずに両面待ちになることを待つメリットって5s一枚分しかないってことになりますよね

しかも都合よく4sを持ってくる可能性って2sをダイレクトにツモる可能性と大差なさそうですよね

 

だったらリーチでしょ!

っていうのが私の意見です。押し返されるのがこわいのもわかるけど、早い巡目でリーチ打って相手に気持ちよく手作りをさせないのも守備だと思います

 

仮に5s持ってきても筋になったラッキーくらいに思ってればいいと思います(笑)

 

 

じゃあ、こんなのはどう?ドラ⑨

13456⑦⑧⑨二二二九九

このカン2sテンパイもリーチ?

これまた、違うと思うんです

だってこれって両面変化する枚数がさっきと全然違うんですもん

457のどれ持ってきても両面変化ですし、7に関しては三面帳になりますもんね

 

でも、この形だからってリーチかけるかかけないか判断しないのは怠慢ですよ?

両面変化するために必要な457がまだ残っていそうなのかとか、両面になったところで枚数的に増えるのかどうかとか

しっかり考えてリーチしないメリットが勝ったときに両面変化を待ちましょう

 

 

 

 

 

よーするに言いたいことは

 

・リーチすることを恐れない

・両面変化できる可能性が高いのかしっかり考える

・両面変化したところでアガリ牌の枚数が増えるのか考える

 

 

また、今度シャンポンverでも書きますね

 

それでは~