雀筋の雀力トレーニング

麻雀テクニックやプロ麻雀、Mリーグの観戦記

麻雀ちょいテクその11『雀頭で降りる』

 

 

こんにちは

しばらくサボってた雀筋です

また少しずつですが更新していくので読んでください

 

 

ということで、久しぶりのちょいテクいきましょう!テーマは

雀頭で降りる』

 

テーマの通りの話なんですが、雀頭を安全牌にしておくともし予想外のリーチがきたときにも最低でも2巡はしのげるということです

 

はい。おわり

 

では寂しいので、どういうときにこの考えを頭に入れておくといいかという話をします

 

まず、ひとつが安い仕掛けをするとき

安い仕掛けというのはアガって点数を増やすことが目的というよりはその局の失点を最小限に抑えて局を進めることが目的です

 

つまり、放銃してはいけないってことなんです

でも仕掛けって手牌を短くする行為で降りるのは難しくなりますよね

んじゃあどうするかって時に雀頭が安牌にして守備も考えながら仕掛けようってことなんです

 

ほんとーは順序が逆なんですけどね

安い仕掛けをしたいから雀頭を安牌にするというか、雀頭が安牌だから安い仕掛けができるという

ここでいう安牌というのは主に親の現物なんかを指しています。早い巡目で完全安牌というのはなかなかないですからね

また、一枚きれの字牌なんかでも後々当たり牌になる可能性は低いですよね。自分で二枚もっているわけですから

 

 

次にオーラスの余裕のあるトップ目なんかでも考えといてほしいですね

2着に17000くらい点差があり跳満直撃じゃなきゃ大丈夫って時に考えることはまず親には絶対に振らないこと

オーラス親に振るとどんどん余裕がなくなってきますからね。子に振っても満貫までならトップなわけですから

この状況では雀頭が親の現物であることが望ましいでしょう

 

 

 

まあ結局言いたいことは仕掛けってのは放銃するリスクを高める行為であって自分が高くないならなおさら放銃してはいけないので降りれる準備をしておくことも重要だよって話でした

 

雀頭じゃなくて暗刻でも同じように使えることがあるので、役牌暗刻の時なんかは比較的安全に仕掛けられますね

切羽詰まってる状況じゃないなら安いからって槓しちゃだめだよ。防御の砦なんだから。

 

 

ほな、またね~