雀筋の雀力トレーニング

麻雀テクニックやプロ麻雀、Mリーグの観戦記

麻雀ちょいテクその13『ラス前(南3局)の戦い方』

 

うーーーーーっす!雀筋です

 

最近忙しくてなかなかブログ書けないんですが、久々にちょいテクいきましょう

 

今回のテーマは

『ラス前(南3局)の戦い方』

 

麻雀ってラス前が非常に重要なゲームだと思うんです

そしてうまい人とそうじゃない人で大きく異なる判断が下される局でもあります

 

なにが違うのかを今回は検討していきましょう

 

さて、まずオーラスの望ましい状況というのはなんなのでしょうか?

これは人によって異なるものだと思いますが、一つのボーダーラインとしてあげられるのは満貫でしょう

つまり、満貫アガられてもまくられない。もしくは満貫をアガればまくれる状況にすることが大切です

 

これはオーラスが親なのか子なのかによって点数的には異なりますね

しかし、本質的には一緒です。要は現状の持ち点状況からみてオーラスに有利な状況になるようなアガリもしくはオリを選択すればいいのです

 

実際に例を挙げて検討してみましょう

南3局 西家

東家:27000

南家:19000

西家:34000

北家:20000

 現状二着目に7000点差のトップ目ですね

この状況でまず考えることは1100点以上をアガれば、8100点差以上ついて二着目はオーラス満貫出アガリではまくれなくなるということ

また、3100以上を上がれば10100点差以上ついて満貫ツモでもまくられないということですね

そんなことを考えながら配牌をめくります

運のいいことになかなか配牌に恵まれたとしましょう

ドラ②だとして道中(6巡目くらい)の手牌がこれ

②③④3467(赤五)五五六七西

 

 両面二つのイーシャンテン面前でテンパイすれば文句なしのタンピン赤ドラですね

しかし、この状況で上家から2sが切られたとしましょう

別に2-5-8はそんなに薄くはない。自力でテンパイできそうではあるような状況

 

 

 これ鳴く?

 

 

 

 

鳴いてください

これは鳴きましょう

 

理由としては2つあります

まず、アガりの可能性を上げるということ

この手牌は鳴かずに進めてもおそらくテンパイはするでしょう。しかし、テンパイするのは目標じゃない。遅くなれば他家が自由に手を進めてしまいます。さらに先制リーチを打たれればトップ目のこちらとしては降りることになり、良くてもノーテン罰符を支払いオーラスの条件が悪くなってしまいます。ここではたとえ1000点でもアガるということが最優先なのです

 

また、面前でも鳴きでも大差ないということ。

なにを言っているんだ。と言われそうですが、これを面前で仕上げた時のことを考えてください。

リーチかけますか??

おそらく多くの人はリーチをかけないですよね。ダマでもタンピン赤ドラの満貫ですもんね。たとえリーチをかけてもツモるか裏が乗らなければ跳満にはなりません。

つまり、面前で仕上げたときの期待できる打点は8000点です。これを二着以外から出アガった時のオーラスの点差を考えてみると

二着との差は15000点差

では、3900点を二着以外から出アガった場合の点差は

二着との差は10900点差

 これを見てみるとオーラス二着の人にまくられる条件ってほとんど変わらなくないですか?

満貫ツモられはどちらの場合も平気。満貫直撃されればどちらの場合もまくられる

どーでしょうか。アガリ点数だけみると倍以上違いますが、オーラスの条件にまとめてみるとほとんど変わらないのです。だったらアガれる可能性が高いほうがいいですよね

 

 

 

 

どうでしたか。皆さんはいつもここまで考えてラス前を打っていますか??

タンピン系だから鳴かないとか決めつけていませんか?

 

もちろん点数状況によっては3900ではなく満貫じゃなければならないこともあります。大事なのは最終的に少しでも上の着をとるために最良の選択をすることです。

 

 

 

 

 

それではまた近いうちに~