雀筋の雀力トレーニング

麻雀テクニックやプロ麻雀、Mリーグの観戦記

麻雀ちょいテクその14『絞る』

 

 

おつかっれっすーーーーーっ

雀筋っすーーーーー

 

ちょいテクいきますかあ

今回のテーマは

『絞る』

短いですね。過去最高に短いタイトルです

みなさん聞いたことあります?絞るって

 

ある程度麻雀をやっている人なら絞るってのは聞いたことあると思います

一応説明しておきますね。知ってる人は飛ばしてください

絞るというのは他家に鳴かれないように自分の切る牌を制限することを言います。基本的には下家に対して打牌制限をすることに対して言われることが多いですね

例えば、下家が萬子の染めてをしていて自分の手がいい手ではなかったとき、自分の手を進めるより萬子や字牌を切らないようにして下家に鳴かせないでアガりにくくすることですね

 

 

さて、本題に入りますか

絞る。これって結構人によるところだと思うんです。

僕としてはあまり気にするべきではない

理由はいくつかあるんですけど、チャンスを失うってのが一番大きいですかね。仕掛けって人によると思うんです。だからフリーとかで知らない人の仕掛けにあんまり過敏に反応してると損することのほうが多いと思うんです

仕掛けって半分は面前で仕上げるのが苦しい手だと思うんです。そう考えると遠い手の人に反応して自分の手を曲げてチャンスを失うのはもったいないなと

また、早い段階から絞るってことは危険牌を溜め込むってことにもなりますよね

鳴かせないためにはその人がいらない牌を切らなければならない。すなわち終盤に向けて安牌を持っておきたいはずが、危険牌がたくさんになってしまうということです。そうなると終盤に複数の相手から攻められたときに守り切れなくなってしまうのです

 

 

はい。絞るの話は終了~~~~~~ではありません!

 

私だって絞るかどうか気にすることもあります

しかし、絞るときには以下二つの条件があります

・下家が親の時

・ドラポン

 

 

まず、下家が親のとき

これはさすがの私も気にします。しかし、自分の手が入ってないときに限ります。何よりも自分の手が優先です

では、自分の手が入ってないときはどうしましょうか

私はただの一枚も鳴かしてあげるつもりもありません。自分の手が悪いと判断したならその時点で自分のアガリは諦めます

そこでその局を最小失点で抑えるという方向にシフトします。そう考えると他の子にアガってもらい親を落とすということがこの局をやり過ごす最適な手段だと思います

 

次にドラポン

 ドラポンとは書いてありますけど、ここで言いたいことは明確に高いことがわかる鳴きのときは絞るということです

私はドラポンされた時点で自分が勝負できる手じゃない限りはほとんど降りると思います。これも先ほどの親の場合と同じで誰かにアガってもらうことを考えながら絞ります

ドラポンが入っているので他の人の手はそこまで高くないのではないかという推測が立つので差し込みまでありますね

 

 

よーするに絞るのは自分の被害を小さくするためで、いくら鳴かれても放銃さえしなければいいのです(超自己中的発言w)

 

「鳴かせるだけ鳴かせておいて、勝負しねーのかよ」とかよく言われますけど、勝負できるかどうかの見極めは毎巡しなければなりません

1副露目された時点では勝負できたかもしれないけど、2副露されてまだ危険牌を2枚押さなければならない状況なら降りにまわったほうがよさそうですよね。麻雀には鳴かせたら責任をとらなければならないなんてルールはありません

 

 

 

 

責任転嫁。これ社会ではだめですけど、麻雀ではおっけー

 

 

ほなね